キッチンリフォーム

キッチンリフォームで失敗しないために!成功のポイントなど解説

キッチンリフォーム

キッチンリフォームを成功させたいなら、自分ひとりの考えだけではなく、家族からも客観的な意見を聞くことが大切です。それができたうえで、何が不満なのか、理想はどうなのかを書き出し、実際にリフォームを依頼しましょう。キッチンに関しては、デザインに凝るよりも実際の使いやすさが重要です。

キッチンリフォーム成功のポイント

キッチンリフォームを成功させるには、キッチンの選び方、間取りや必要な設備の確認が大切です。リフォームをするなら、どんなキッチンなら普段の料理が楽しくなるかも確認しておきましょう。

まずはキッチンのどこが使いづらくてリフォームしたいのかをはっきりさせ、理想に近いキッチンを選ぶのがおすすめです。

キッチンの不満点を確認

キッチンリフォームをするなら、リフォームを考えるきっかけになった不満点を洗い出してみましょう。たとえば「手元が暗くて包丁を持つのが怖い」「コミュニケーションが取りづらい間取り」「匂いが残ってしまう」などの不満点を書き出します。
自分だけで考えるのではなく、できれば家族にも相談に乗ってもらい、客観的に不満点を洗い出すことが大切です。同時に予算もある程度決めておけば、リフォームの内容もはっきりします。

理想のイメージを膨らませる

キッチンの不満点を洗い出し終えたら、今度は理想のキッチンのイメージを膨らませましょう。今はネットがありますし、ネットがないなら本を見るだけでも参考になります。施工事例などを見ながら「今度のキッチンはこんなタイプにしよう!」と具体的にイメージすることも大切です。

間取りも大切

キッチンのリフォームで、一番重要なのが間取りの確認です。理想のイメージに近づけようとするあまりに、狭い部屋に大きなキッチンを取り付けると逆効果になるからです。キッチンの種類には「I型」や「L型」「対面型」などがありますので、部屋のスタイルに合わせて選びましょう。
デザイン重視もよいですが、元々のリフォームに至った経緯を考えることが大切です。

必要な設備を洗い出し

キッチンのリフォームをするなら、どんな設備にするか決めておきましょう。ガスからIHに乗り換えるケースもありますし、食洗機を導入するケースもあります。キッチンの設備はたくさんありますが、全部を設置すると高額な費用がかかります。
予算に応じて無理のない設備をつけるようにしましょう。

キッチンリフォームは3種類ある?

キッチンのリフォームは、大別すると3種類あります。

リフォームする理由が動線にあるのか、収納棚のスペースが足りないのかなど、目的に応じてリフォームしてみましょう。

キッチン本体の交換

キッチンリフォームで一番見た目が変わるのが、キッチン自体の交換です。たとえば「I型」から「L型」に変えるだけでも、外見が見違えるほど変わります。収納力を上げたいなら「キャビネットをスライドタイプに変更」などがありますし、家事の効率を上げたいなら「シンクや水栓を最新式に変更」などのパターンがあります。

内装もリフォーム

設備のリフォームと同時に内装も変更してみましょう。たとえば、古いキッチンでは床に焦げ跡が残っている場合がありますし、油で壁面が汚れている可能性もあります。キッチンだけ新しくしても、内装が元のままだと残念な結果になる可能性大です。
できれば最新設備に変更して、キッチンの見た目を変えてみましょう。

レイアウトの変更

キッチンのレイアウトを変更すれば、使いやすい動線に変更可能です。たとえば、壁付けのキッチンを対面型に変えれば、家事効率が上がり、家族の会話も増えるでしょう。昨今人気のアイランドキッチンなど、家族とのコミュニケーションも考えてリフォームするのがおすすめです。

理想のキッチンの選び方

キッチンリフォームで理想に近づけたいなら、形状選びも大切です。

キッチンの形状を変ええると、家事も楽になりますし、不満点を解消するきっかけにもなるでしょう。

スタンダードなI型キッチン

費用を抑えつつ、キッチンを快適にしたいなら、スタンダードなI型キッチンが人気です。ただI型キッチンの場合、大きなキッチンほど使いづらくなるので、最大でも270cmほどの長さにするのがポイントです。
これ以上長くなると、移動距離が伸びて家事がしづらくなります。

動線が短いL型キッチン

動線が三角形になり、移動がしやすくなると人気なのがL型キッチンです。I型と違い、大きめのスペースが必要になるのがデメリットでしょう。L形にするなら、あらかじめ家具の配置を考えておくのがおすすめです。L型は、どうしても大きめのキッチンになります。

対話がしやすい対面型キッチン

家族との対話が増えると、昨今人気なのが対面型キッチンです。調理スペースの後ろ側に収納棚を置けるので、家事が行いやすいのも人気の秘密でしょう。I型やL形から対面型に変更する場合は、大規模な工事になるので費用が高くなりがちです。
また調理スペースが小さくなるので、多少のゆとりをもたせる必要があります。

キッチンリフォームで気をつけたいこと

キッチンリフォームで気をつけたいのは、場所の移動に伴うキッチンの位置変更や電気契約です。とくに電気契約では、キッチンは家の中でも大量の電気を使う場所なので、既存のアンペアでは足りない可能性があります。

ブレーカーが頻繁に落ちると家事どころではなくなるので、契約時にはアンペアの確認が大切です。リフォームのときに、食洗機やオーブンレンジなどを導入する場合は、アンペアだけでなく配線も重要になります。

まとめ

キッチンリフォームを成功させるポイントやキッチンの選び方、注意点など、疑問が少しでも解消されれば幸いです。キッチンリフォームは大規模な工事になるため、失敗なくすすめたいものです。理想のキッチンのイメージがあるのなら、どうやったら理想に近づけるかを考え、家族にもしっかりと相談しましょう。
キッチンリフォームの業者をお探しなら、ぜひ一度「ぶるーりっじ」にご来店ください。楽しく料理できるキッチン作りのお手伝いをいたします。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。

メールお問い合せ